とーずのブログ

音楽や日常に関する長い話をしていきます。不定期更新です。

自分の曲を書くときの手順を振り返ってみる(とーずの場合)

蟻坂 さんの記事 https://auramorte.com/process-of-compose/ に便乗したタチやんさんの記事 http://mofday.info/process-of-compose/ にさらに便乗したyellow_lineさん( https://yellow-linep.tumblr.com/post/162816597718/雑記自分の曲を書くときの手順を振り返ってみるyellowlineの場合)にまたもや便乗した記事です。面白いなこの企画みたいなもの。


早速始めていきます。


1.アイデア出しーーーーーーーーー


  そもそも僕は、これから作る、というものが決まっていないんですよ。ほとんどは曲先という共通点はあれど、そうは言いつつ詞先のこともあるし、リフから思いつくこともあるし、ベースから思いつくことも、サビのメロから思いつくことも、展開から思いつくこともある。その「思いつき」から僕の作曲は始まります。


また、その「思いつき」についてですが、僕は信条および性癖として「曲中のどこか少なくとも一ヶ所(展開・音色・音使い・拍子・リズムなど)は奇を衒う」というものを持っているので、それに則ったものが出てきます。興味がある方はよろしければ僕のニコニコ動画マイリストを漁ってみてください。スケールから音を外さず、常に4拍子で、一般的な構成・メロ・伴奏で作っている曲は一切ありません。一切ないと言いきれます。


僕のマイリスト

http://www.nicovideo.jp/mylist/57247653


普通のものが嫌いとかダメとかそういうわけではありません。そういうのも大好きです。ただ僕はあんまりやらないな、というそれだけです。



2.広げるーーーーーーーーーーーーー


   思いついたものをどんどん広げていきます。ここでは、僕の作曲においてかなり多い"イントロのメインメロディ(フレーズ)を思いついた場合"を例にとってみます。

  まず、それに合わさるドラム・ベースを考えます。ベースは余程「素直な聴こえ方にしたい」という意図がある時以外、メインフレーズに合わせてもうとにかく動かします。(このときコードを考えながら音を置いている場合がほとんどです)ベースが裏メロを取っているようなイメージです。


(宣伝にはなりますが、ベースが裏メロを取っているというのがわかりやすい自分の曲をあげておきます。参考までにどうぞ


イントロのベースが裏メロ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29819528


Aメロのベースが裏メロ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29161861

とても音質が悪いので、こちらの方がいいかもしれません↓

https://soundcloud.com/user-511260561/245a-1

)


さらに、ドラムを付けていきます。僕は2・4拍目と少しずらしてスネアを配置したり、ドラム単体で聴くと拍子がよく分からないようなリズムを好みます。基本的にはその場でその時パッと思いついたリズムパターンを打ち込みます。


思いついたらそのぶんポンポン打ち込んでいくので、先にイントロがぜんぶ出来てしまう場合もあれば、サビまでベースドラムだけ一気に打ち込んでしまう、ということもあります。ちなみにその場合、たいてい脳内ではほかの楽器もぜんぶ鳴っています。


3.続き作成・編曲ーーーーーーーーー


次は、中音域を司るギター・シンセ・ピアノなどを打ち込む(コードのセブンスやナインスなどの細かいところもこの時かんがえます)のと同時進行で、さっき作ったところまでの続きの展開を考えていきます。この作業に関しては、この段階でもう既に満足できるほど奇を衒っていることがほとんどなので、割と素直に打ち込む場合が多いです。

とはいっても、単なるコードじゃら〜んとか、シンセブァー鳴らしとかは少ないです。裏メロのようにコード構成音を鳴らしたり、トップノートを動かしてオブリガートのようにしたりetc...


(4.飛び道具をつける)ーーーーーーーー


  この作業は省略されることもあります。なんか物足りないな、なんか音が薄いなと思った時、もしくは唐突に頭のおかしいアイデアを閃いたとき、シンセのつまみ・エフェクター・サンプリング・環境音、様々なものを駆使して変な音を入れます。僕の中では何かを表していたり、意味のある音なので許してください。


5.歌詞作成ーーーーーーーーーーー


メロディに合うように歌詞をつけていきます。ここでコンセプトが決まっていたり、サビだけなど一部の歌詞ができていたり、はたまた何も出来ていなかったりします。言葉の響きとメロディの兼ね合いで、うまいこと調整していきます。


6.ボーカル打ち込み・調声ーーーーー


  ボーカロイド曲を作る時に加わる工程です。ピッチ、ダイナミクス、ベロシティ、ジェンダー、意外といろいろいじってます。これは機会があればまた個別に話します。



7.音量調整・Mix作業ーーーーーーー


  僕はStudioOnePrimeを使っているので、Mixのプラグインは付属のものしか使っていません。(外部プラグインは使えないんです。無料ユーザーの性だね)

まず個々の音量調整とパン振り、EQです。全楽器、最大までブーストして耳に痛い帯域を探り、そこを下げ、欲しい・おいしい帯域を上げていきます。下げたところと上げたいところが同じでもほぼお構いなしです。この作業は最近必ずやっています。

そしてリバーブなどエフェクターの細かい調整、ブーストやカットをしたためズレた音量の再調整をして終了です。


なおぼくはマスタリングと呼ばれるような行為はしておりません。付属のマキシマイザー・リミッター・コンプレッサーがないからです。

ですが最近Traction5という無料DAWのおかげで、フリーのリミッタープラグインを使えるようになりました。うれしい

ですので、まだ試行錯誤中ですがリミッターは使い始めました。音圧が違うぜ!



以上で終わりです。

振り返ってみると僕ヤバイですね。作り方行き当たりばったりな上にメチャクチャじゃないかw

でもこんな作り方でこんな変な曲を作っている人が一人くらいいてもいいのかもしれませんね。


最後に最近作ったMSS Sound Systemさんのカバー「Black Black Dream」を貼らせて頂きます。よかったら聴いてください


http://www.nicovideo.jp/watch/sm31510756


245という自分の曲の話

こんにちは。絶賛頭痛が止まらないとーずです。

突然ですが、みなさん、私のこの曲を聴いたことがありますか?

【オリジナル】 245 【IA】 (3:48)

http://nico.ms/sm29161861

‪この曲について、「ハチを意識してるのか?」ってコメントがあって面白かったので記事を書いてみました。確かに、オレンジの背景にこのPV形式は嫌でもマトリョシカを思い起こしますよね。これはもちろん故意です。‬

この曲のテーマは、「リスナーとクリエイターの意識のズレ」となっています。

ハチさんを例にあげて話をしてみましょう。

彼は、そう多作ではありませんでしたが、一定の人気を博していました。PVや歌詞にある独特の世界観、また独創的なメロディやトラックがウケたんですね。

そんな中、ハチさんは「たまにはこんなものを」ということで、特に意味の無い(あるかもしれませんが、少なくとも今までの曲よりは遥かに無意味に思える)歌詞で、サウンドも彼にしてはものすごくわかりやすい、本人曰く「馬鹿っぽくてどんちゃんした」曲「マトリョシカ」を出します。すると、今までのリスナーだけではなく、新規リスナーの耳も捕らえ、大人気の伝説入り曲となりました。

ハチさん本人は何も仰ってませんが、人気になった直後、嬉しいと同時に「やっぱりお前らこんなのが好きなんだな」と思ったのではないでしょうか。

ここで、僕の曲に話を戻してみましょう。

この曲には皮肉が沢山入っています。それは歌詞だけでなく、(自分で言うのもどうかと思いますが)そもそもこの鮮烈で刺激的な曲調、目まぐるしい変拍子、慌ただしいテンポ、というサウンドそのものが皮肉となっています。

これは、曲を作った当時のボーカロイドランキング入り曲の特徴を踏襲したり、歌詞が気にならないほど刺激の強いサウンドを選んだ、というものです。結局お前らこんなん好きだろ、というわけですね。(結果はご覧の通りですが)

ちなみに変拍子は趣味です。

こういうことを作者自身から言うのもどうなんだろうという感じですが、この曲はかなり思い入れがあり、この機会ですし話してみました。

PVの随所にもそういった要素を散りばめていますので、ご覧頂けると嬉しく思います。もちろん、頭空っぽで何も考えず聴いてくれても嬉しいですよ。

あまり関係はないですが、テーマが酷似している曲を見つけましたので参考までに貼っておきます。人気実力共に僕とは比べ物になりませんね。是非視聴してみてください。

鬱Pー食事

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26875129

Psychedelic Trash vol.2に向けて

こんにちは、近頃の平均睡眠時間が15時間のとーずです。

 

最近、Psychedelic Trash vol.2というコンピに向けて色々考えまくっているのですが、もう煮詰まりに煮詰まり、煮詰まりすぎて焦げています。ゴミってなんだ?サイケってなんだ?映画音楽ってなんだ?禅問答と哲学の繰り返し、人生の意味まで考え出す始末です。手に負えねー

Psychedelic Trash vol.2

https://rjnk.tumblr.com/post/157648164251/psychedelic-trash-vol2-%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99

 

 

いや本当に難しいんですよ。僕の誇れるところを活かそうとストラヴィンスキーに頼ったり、バルトークに頼ったりしたんですがやっぱ慣れないことは駄目ですね。サンプリングできる人すごいですよ

 

というわけで、原点回帰、前回参加させて頂いたPsychedelic Trash vol.1(2017/1/1リリース)のレビューをしようと思います。

キヅ〇タさんに影響されたわけじゃありませんよ。違います、違いますったら。うわなにをするやめ

http://kidsumita.hatenablog.com/entry/2017/03/31/003741

 

というわけで早速始めていきます。

 

~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

Psychedelic Trash vol.1

https://rjnk.bandcamp.com/album/psychedelic-trash-vol-1

 

 

1.つぎの祭りへ 

        平田義久 feat. 初音ミク

 

    このコンピを再生して、最初に耳に入ってくるのがこれ。最初のティンバレスがなんだかレゲエです。そしてゴワァァァアンと豪快に鳴る銅鑼、その後のギター、平田さん本人はどういう意図で作ったかは分かりませんが、個人的にはダサさとかっこよさのちょうどいい中間をとったイントロだと思います。盆踊りのイメージなのでしょうか?少なくとも私は、「夏祭り」という歌詞を聞く前から夏の日本のイメージしかわいてきませんでした。ところどころ裏に入っている龍笛(いわゆるお囃子に使う笛ですね)も余計に夏感を煽ります。

    このタイトルをどういう意図で付けられたのかも作者のみぞ知るといったところでしょうが、まさにつぎの祭りへ、次曲へのいい導入になっていると思います。あとこのコンピでの数少ないしっかりした構成の曲でもあります。ちゃんとイントロがあって、メロがあって、間奏があります。サイケコンピの良心。でもAメロBメロサビとかじゃなく一つのメロディを終始使い続けるところが挑戦というか、ポップには迎合しないぞという強い意志を感じます。深読みかもしれませんが...

 

 

 

2.私の目覚まし時計を勝手にセットしないでください

        ゆらぎと破片

 

    まず気になるのはミュートトランペットの謎フレーズのループ。右側で謎の弦楽器のようなものが鳴っていたり、地味にベースがビートを作り出していたりするのも気になります。少しするとノイズのようなオルガンのような音が鳴り始め、追いかけるようにノイズのようなギターのような声のような音が鳴り始めます。同時に、キックやハイハットも入ってきて一瞬ビートが形成されるかと勘違いさせられるのですが、それは間違いだとすぐに気づきます。このハイハットの野郎、仕事を放棄しています。一定のビートを刻んではいますが、それはBPMに全く関係がありません。というかこの曲にBPMが存在するかも怪しいです。

    お気づきかもしれませんが、私はトランペット以外に「フレーズ」という言葉を使っていません。それは意図的にです。たぶん、ゆらぎと破片さんは「曲」ではなく「音」を提供したいのではないでしょうか?

    ゴミとは、そもそも何も考えず作られ、何も考えず聴かれるものだという説もあります。頭を空っぽにして謎の浮遊感に包まれるのが、この曲の意図されている聴き方なのではないでしょうか?

    なお、タイトルは意味不明です。トランペットの音が目覚まし時計の比喩か?とか、この曲を聴いてる時に目覚まし時計(何かハッとさせるもの、転じて考え事の比喩)をセットするな、没頭しろということか?とか色々考えましたが結局答えは分かりません。

 

 

 

3.Planet Trash

         MSS Sound System

 

    最初、正直びっくりしました。あまりジャズに触れていない方などは、「なんだこれ?ふざけているのかな」と思う方もいらっしゃるかもしれません。これがフリージャズです。みんな好き勝手に叩いて吹いて鳴らして、それで気持ちよくなる変態の所業です。ですが、そんなオナニー中の人たちの上にMSSさんは図々しく自分のビートを乗せてきます。ビートなんてないも等しいですが、その中に一定のリズムを作り出します。後ろのジャズの演奏なんてガン無視なのがすごい。ちょっとは気にしてあげて。

    しかも、その後フッと最初からそんなもの無かったかのように上乗せされたビートが消え、かと思いきやまたビートを上乗せしてきます。一言でいうと、めちゃくちゃです。でも、僕はこれが「ゴミ」たる由縁だと思っています。ステーキもラーメンもカレーも美味いから全部合わせたろ!みたいな、そんな雑な精神が感じられる、それがこの曲から強烈なゴミを感じる理由です。

    タイトルはPlanet Trashですが、意訳するに「この曲が地球にとってのゴミ、産業廃棄物」的な意味を込めてるのでしょうか。残念ですがこの世界ではゴミですら愛されます。かっこいいぞPlanet Trash

 

 

 

4.発熱

         とーず

 

    僕の曲です。あんまり話すこともないですが、タイトルは後付けです。でもこの曲を聴いてるときの息苦しさや閉塞感があまりに「発熱」というタイトルにしっくりくるので相当気に入ってます。この曲は「安直廃棄物」を出したあと、どうしても納得がいかず提出した曲なのですが、今考えると正しい判断だったと思います。個人的にはこちらの方がゴミだと思えるからです。この曲は聴いてくれる方を裏切りたいという欲望から、展開や音使いが生まれています。

 

 

 

5.サイケ・トラッシュ・アンド・ダンス

         enaluke

 

    まず、イントロでギョッとしました。サイケでダークなリードフレーズの裏に、女性の囁くようなか細い声が入っているからです。この曲はタイトルにも「ダンス」とあるように、かなりダンス要素も強い作品だと思われます。また、歌が入ってきてからですが、ボーカルの声とトラックの温度が全く合っていません。正確には、それぞれの温度はどちらも高いという意味で多分同じではあるのですが、それぞれ向いている方向性が全く別です。トラックはなんだかハイになっていますが、ボーカルは躁状態のような、なんだかキマってる雰囲気を醸し出しています。そのせいかボーカルが相当調子外れに聴こえます。それも相まって、かなりこの曲が不気味に聴こえるのは私だけでしょうか?無邪気な子供が蛇を笑顔で切り刻んでいるのを見た時のような、気持ちの悪い恐怖が身を包みます。ダンスチューン(?)でそんな雰囲気を出せるのは本当に凄いと思います。人間は未知に対する恐怖がかなり強いので、歌詞がほとんど聞き取れないことも恐怖の一因ではないかと考えています。

    ただトラックはマジで何の意見を挟む余地もなくカッコイイです。イントロのフレーズが頭に残る。

 

 

 

6.T.R.Ash

         Jake

 

    かなり衝撃を受けた作品、また人物の1人です。最初はそう違和感も強くなく、ピアノメインの綺麗な曲かな、などと思いながら普通に聴いていると、20秒ほど経ったところで全てをぶち壊すような荒いスネア、続いて物凄い圧迫感の音の波と噛み合っていない違和感だらけの音響が迫ってきます。私はなぜか恐怖を感じました。が、同時にこの音の奔流を美しいとも感じました。緊迫感を煽る裏のサイレンのようなシンセ、それに寄り添うような優しいボーカルの声、途中のアクティブなドラムに対して優しいピアノやギター、その静かなパートに対して戻ってくる最初の違和感。違和感だらけなのに、美しいとすら思えるこの作品は私にとって衝撃でした。

    もうひとつ衝撃だったのは、JakeさんがTwitterのアカウントを消去し、跡形もなく居なくなってしまったこと。正直痺れましたね。カッコよすぎるだろ。ラストの作品がこれかよ。

    なお、Vocaloid Jukeでrjnkさんとスペシャルコンビを組んでいるらしき記述がありました。音楽活動はやめていないようでなんだか嬉しいです

 

OMOIDE LABEL×抹殺レコーズ  Vocaloid Juke

(‪ https://massatsu.bandcamp.com/album/omoide-label-vocaloid-juke‬)

 

 

 

 

7.20170101

         Ladypanther

 

    当初、タイトルを見てなんのこっちゃさっぱりだったのですが、後でこのコンピのリリース日である正月だと気づきましたw雑かよ、と思いましたが何かしらの意図があるのでしょうか?もしくは本当に雑だったのか?

    曲の方はかなりダークで、私の好みな感じです。初めに静かなノイズや環境音?が鳴り、突然胸を抉るような雑音じみた低音の波。個人の感想ですが、重力がねじ曲がるイメージを持ちました。上で警報のように鳴っているシンセもかっこよく、たまに聴こえる声なども緊張感を演出しています。暫く音が鳴った後はかなり重いビートが刻まれ、女性の喋り声?も追加されます。この喋り声が圧のすごい低音に対してぼそぼそか細くて不気味です。その後も激重ビートは続き、音に飲まれ続けますが、しばらくすると少し落ち着きます。が、相変わらず緊張感は解けません。それは周りで鳴っている声のような音や赤ん坊の泣き声、低く唸るノイズと色々あるのでしょうが...気の抜けない1曲です。十月十日の胎内旅行を追体験した気分になります。

    「私の目覚まし時計を勝手にセットしないでください」のように、こちらも何か考えることなく唸る低音に身を任せる曲だと思います。曲に特別な意味を持たせておらず、感覚で制作したものであるからこそ、意味を持たない乾燥したタイトル「20170101」であると考えることも出来ます。

 

 

 

8.attention

         solidsmoke

 

    うるさいです。とにかくうるさい。ただ、エネルギーが半端ではない。殺すコンピの時にも感じたのですが、solidsmokeさんは感情や激情を音で表現するのがとても得意なのではないでしょうか。本当に半端ではないエネルギー量を曲から感じます。特にドラムがすげえ。キースムーンもびっくりな感じです。

    「attention」とは「注意」「配慮」といった意味ですが、これは注意を配るほうの注意なのか、それとも「こいつは危険だぞ」の注意なのでしょうか?個人的には「この曲危険だから注意」ということな気がします。だって危険ですもん。ドラムの音だけで殺されそう。たぶん〜8歳、70歳〜に対して完全犯罪を働こうと思ったらこの曲が使えるのではないでしょうか。

    最後に入っている咳の意図が気になります。咳払いで気の狂ったようなこの曲のテンションから我に返る意味合いなのか、それとも疲れてゲホゲホなったのか。solidsmokeさんが2曲提供していること、また2曲目の曲調から考えると前者のような気がします。

 

抹殺レコーズ 殺すコンピ

(‪ https://massatsu.bandcamp.com/album/--3‬)

 

 

 

9.洗濯屋の犬

         そりすも

 

    solidsmokeさんのそりすも名義での曲です。キヅミタさんもブログで言っていましたが、すごいバカみたいな、というか間の抜けた感じの歌い方や歌声だと思います。ずっと2小節間の同じフレーズを繰り返す伴奏(しかもリズムが不安定)、常に後ろで鳴っているノイズや洗濯機を回す音、色々気の抜ける、というか良い意味で拍子抜けする曲です。事前の曲がattentionであることも、この曲の滑稽さを際立たせています。多分、この曲はボーカルのアホそうさ加減を際立たせるために意図的にドラムレスです。最後に相当引き伸ばした犬の鳴き声が入っていることからも、この曲でさっき張った気を緩めて欲しいんだな、というのが伝わります。

    でもこれはサイケゴミコンピです。やはり一筋縄ではいきません。なんと伴奏は最初から最後まで1度もブレずに同じことを繰り返して終わります。雑。そしてそれがいい。タイトルも何とも言えない間の抜け方が秀逸です。

 

 

10.安直廃棄物

          とーず

 

    名前の通り安直なゴミです。名前は「安直な廃棄物は変わってくれない」「Cheap Trash」との三択でしたがこれにしました

    前述の通りゴミというものは「雑」「手抜き」がキーワードになっている説があるので、この曲では同じフレーズを最初から最後まで1度も止めずに使ってなんとか展開してみようと考えて作りました。よく考えるとなんとか展開してみようというそこが手抜きではないので、「発熱」を出すに至りました。ちなみに、メインとなっているフレーズはポケモンロケット団のアジトをイメージしています。とにかくサイケな音を鳴らそうと色々試しました。キヅミタさんが地味だと言ってくれてましたが、実は言われるまで気づきませんでした。言われてみればこれ展開してるようで全然してないですよね。勝手に盛り上がって勝手に帰っていくの笑っちゃう

 

 

 

11.笛のお姉さん

          rjnk feat.Maysys

 

    最初の怪音は怪人の鳴き声ではなく笛のお姉さんが吹いた笛です。全体の雰囲気としては甘くスモーキーな感じですし、途中まではノスタルジックというか、スモーク香るオレンジ色の夕焼けという感じです。ですが途中からは気の抜けるような、ともすれば恐怖を感じるようなギターのめちゃくちゃなノイズ(フレーズ?)が走ります。これがいい感じに雰囲気をめちゃくちゃにぶち壊してくれます。しっかり作り込まれているものを上からぶち壊すのがゴミっぽい。さらに追い打ちをかけるようにお姉さんが狂ったように笛を吹きまくる... ゴミだ

    これリアルタイムで見てたんですが、MaysysさんがTwitter上でふざけて吹いたリコーダーをrjnkさんがサンプリングして「これおもしれーから使う」って言ってこのフューチャリングが完成した記憶があります。マジかよ。こんな完成系になるとは予想だにしてませんでした。参りました

    一番わけがわからないのが、笛の音、雰囲気はぶち壊してるものの意外と曲そのものにはマッチしてるということです。マジでなんなんだ

 

 

 

12.みえるけむりのなかで

          キヅミタ

 

    これも全体的には甘めの曲です。だいたい3分くらいでと言われたにも関わらず9分超えという曲の尺がいい感じに不安感を誘います。外れているようで外れていない、調子外れなボーカルもいい雰囲気を出しています。何をどうやったらこのメロディになるんだ

    僕だけかもしれませんが、ビートを刻んでいるパーカッションとコードを鳴らしている甘いシンセの雰囲気が合っていない気がします。それが悪いとかやめた方がいいとかそういう訳ではなく、それがただの甘い曲止まりで終わらせないスパイスとなっているように感じます。

    三分ほどするとポーーという倍音のない心電図の止まったような不吉な音でドキッとさせられて曲が止まり、また何事も無かったかのように始まります。後にも、今までの雰囲気とは打って変わってハッとするような鋭い息継ぎのあとに鋭めのサウンドが鳴りますし、最後の方にも突然ビックリさせられるようなノイズが入っています。これがあることでそれ以外のゆったりしたパートが際立っていると思います。本人は催眠音声を作るつもりだと仰ってましたがこれどこに連れていきたいんだ。

    サイケゴミコンピを締めるにふさわしい、違和感と全てのゴミを包む優しさが詰まった曲だと思います。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

というわけでレビューでした。結構好き勝手言ってるので、テメーこのやろう的はずれなこと言ってんじゃねえって思う方はご一報ください。殴られる覚悟はできています

課題で小説を書いた話

お久しぶりです、昼夜逆転しているとーずです。

私、ゼミの課題で小説を執筆しました。供養的な意味も込めてここで発表したいと思います。

正直マジで駄作だと思うし、これを描くことで何がしたいのか何を伝えたいのかというものも一切ありません。ただ、「僕」が感じる・思うことは全部私のノンフィクションです。読んで哲学的インテリになった気分になって頂けると嬉しいです。

 

思考 - 思考 | 小説投稿サイトのアルファポリス

 

このためだけにこのサイトに登録しました

他人の曲をめちゃくちゃ真面目にレビューする

 こんばんは。身長が152cmしかないので小学生になめられるとーずです。

 今回は、土山時雨さんが今年11/14に投稿した曲「不自然なアクティビティ」について考察を垂れ流そうと思います。めちゃくちゃ深読みして書くので作曲者がなんとなくフィーリングで作った部分とかも意味を見つけようとしたりします。ご本人に見つかりましたが怒られませんでした。感謝。

 あと、曲の構成的に曲を聴いてからレビューを読むことをお勧めします。かっこいいので是非。

初音ミク 「不自然なアクティビティ」

www.nicovideo.jp

 

まず、この曲はリバーブのかかったとても綺麗なピアノから始まる。幻想的だ。曲のキーも暗くはなく、どことなく安定を感じる。

歌詞は「冷静に俯瞰 理論武装でさ 傷がないふり 傷がないふり」。

 ここの歌詞だが、何度聞いても僕にはどうしても「傷がないふり 気づかないふり」と聞こえる。もしかしたら発音はその通りで、歌詞はただのカモフラージュなのではないか、そう思える。そう考えると、「冷静に俯瞰 理論武装でさ」も、「冷静に俯瞰(しているつもり)」つまり、この曲の主人公(?)は、傷があるのにないふりをする、百歩譲って傷があるとしても気づかないふりをして、自分は大丈夫だと自分に言い聞かせることで冷静に俯瞰している”つもり”になっているのではないだろうか。ここの安定したサウンドは、まだ穏やかな主人公の精神状態を表しているのでは?

 この、主人公の”不安定さ”がこの曲の鍵になっている気がする。

 

 次の歌詞は、「持続的欠如 笑う輪廻 気づきたくない 気づきたくない 光」。

 持続的欠如を言い換えると、「常に足りない・欠けている」。これは自分の欠点か、もしくは退屈な日常か・・・そのあたりのことを表現しているのでは。また、そう考えると「笑う輪廻」は繰り返す失敗や退屈をあざ笑うかのように繰り返される毎日のことに見える。

 また、主人公は「気づきたくない」。ここも「傷がないふり 気づかないふり」だと確信した場所だ。

 

 さて、ここからだが、歪んだギター・ベース・ドラムが一斉に入ってきて暴れ散らす。テンポも何もない。ノイズとさえいえる。これが、「光」だと僕は思う。それも、ただ明るいだけではない光。何か主人公の精神を乱すような光だ。一瞬でノイズは消え、ドラムのハイハットがリズムを刻む。そして、またノイズが走る。この曲は、こうした情緒不安定な主人公の心情がサウンドに反映されているように思う。

 ちなみに、タイトルの「不自然なアクティビティ」だが、これは結局は違和感、異物のこと。これもノイズには意味として含まれているような気がする。不自然なアクティビティが検出された結果、拒絶反応としてノイズが走る・・・そういう構図。

 

 二番の歌詞(これ以降引用は割愛します)は、主人公の性格をより細かく描いている。主人公は逆の答え、皆と違う答えを言うことで自我・アイデンティティ・プライドが保たれる。つまり、皆と同じだと自分がわからなくなる=皆と同じ方向を向いていてもなお存在するはずの個性が、この主人公には存在しない。自分に自信がなく、個がない。だから自分を確立するために皆とは違う答えを求める。だが、そんなことで自分を見つけられるはずもない。自分を見つけるためのサーチライトはあまりに儚く、消えてしまいそうだ。

 そのあとは、同じようなことを繰り返すものに対しての辟易を「さびしいうた」で例えたものだと思われる。

 

 次はサビと思われる場所だ。ここは歌詞がかなり抽象的で解釈が難しいが、「忘れることすら忘れてしまった平凡人」は主人公のことではないか・・・?平凡を嫌うということは、自身が平凡であるということだ。そう考えると「平凡・退屈を嫌う主人公=平凡人」という構図ができる。

 

文字数が大変なことになりそうなのでこの辺にしておきます。ですが、僕が言ったポイントを知ってから見ると、二番以降もひとつの解釈に沿って、それなりに意味の通る歌詞やサウンドが見えてくるのではないでしょうか。

 

なお、これは私の独自解釈ですのであしからず。

ハイエースマスターしょーたに感謝する話

近所のスーパーで寿司を買ったら謎の戒めを喰らい、じゃあこれは美味しそうだからつまりまずいのかと思い食べると美味しかったのでいよいよ意味がわかりませんでした。どうも、とーずです。

f:id:ice524bass:20161025111415j:plain

一昨日はみんなでお金を出し合ってレンタカーを借り、ハイエースマスターしょーたくんの運転でサークルの仲間と山口県に行ってきました!

f:id:ice524bass:20161025124618j:plainハイエースマスター

 

いつも使っている部室棟に朝の8時半集合ということで、7時に起きて朝ごはんを食べ徒歩で向かった(家が近い)のですが、もう着いていたバムちん(たける)くんから「なんでお前が時間通り来てんの?」と言われました。僕は遅刻マスターで特技は単位を落とすことであり、返す言葉も無く悔しかったので、「遊びの時は時間通りに来るから」と言うと、「クズじゃん」と言われました。本当に返す言葉もないです。

f:id:ice524bass:20161025112757j:plainバムちん(おしゃれ)

 

ほかに待機していたえりちゃん(いつもに加えてテンション高い)、ゆなちゃん(僕より身長が10cm近く高い)、まさくん(僕より声が半オクターブ、身長が20cm近く高い)と喋りながら待っていると、ほかのメンバーを載せたハイエースが颯爽と登場しました。

   メンバーたち

ゆういちくん(自分ワールド全開)

 

f:id:ice524bass:20161025132155j:plain

 

ちあきちゃん(腐敗している)

 

f:id:ice524bass:20161025133434j:plain

 

とーさかくん(寡黙で毒舌、マックのコック)

 f:id:ice524bass:20161025132159j:plain

ゆみちゃん(エジプト神。精神年齢と霊力がとてつもなく高い)

 

f:id:ice524bass:20161025133259j:plain

 

まさくん

f:id:ice524bass:20161025134316j:plain別に登山してるわけではない

 

ゆなちゃん

f:id:ice524bass:20161025133556j:plain別に食いしん坊キャラではない

 

えりちゃん

f:id:ice524bass:20161025132204j:plain別に風系の能力者ではない

 

他にもわが道を行くウルフ山本や、最近入部した、ゆるふわ女子あやかちゃん、ゆめちゃんがいるのですが、お二人は行くことができませんでした・・・残念・・・

今度の機会には一緒に行きましょう!

 

さて、こんな個性豊かなメンバーで最初に行ったのは、山口の有名なお店、瓦そば「たかせ」。

www.kawarasoba.jp

 

みんなで瓦そばがたべたーい!と決めて行ったのですが、中に入ると民家のようなたたずまい。おばあちゃんの家に来た感覚に陥ってしまい、「親戚のおばあちゃんの家に来たみたい!」とアホほど言っていました。たぶんあのときの知能は2歳児と同じだったと思います。

みんなが席に着くと、頼むものを決めました。結局、皆通常の瓦そばを頼むことに。そして来たのが...

 

f:id:ice524bass:20161025135159j:plain二人前

すごくないですかこれ。本当に瓦に乗ってくるとは思いませんでした。

そして肝心のお味は・・・

f:id:ice524bass:20161025135716j:plain

んぎゃあああああああ!

 

f:id:ice524bass:20161025135721j:plain

あら^~~~~~~~~~~~~~~

 

と、しょーたくんが叫び、いつも元気なえりちゃんが何だかおしとやかになってしまうほど。

めちゃくちゃ美味しかったです。肝心の僕は、めちゃくちゃ美味しいのにバスの中で食べたお菓子のせいで入らないという事態に。なんだっそら!

この体形でもりもり食べるまさくんが1.3人前くらい食べてくれました。win-win

ちなみに、食べ終わった後はえりちゃんの「あ!ここめっちゃポケモンいるー!」の一言でポケモンGOが始まりました。平和。実際本当にすごくて、ポケモン8匹に囲まれたり、エレブーが大量発生したりしてました。

さて、ポケモンも終わり、お会計を済ませて外に出たら...

なんじゃこりゃああ

f:id:ice524bass:20161025140800j:plain(イメージ)

これはイメージ画像ですが、本当にこれくらい人はいました。僕たちはノータイムで座れたけど、あとちょっと遅れていたら...!と皆で言い、待ち時間なしで食べられた優越感を共有しながら行列を挑発していました。嘘です。

 

満腹になったところで、次に行こうと決めていた場所へ出発しました。

元乃隅稲成神社です。

f:id:ice524bass:20161025141652j:plain

このように大量に鳥居が並んでいる神社で、人気も無かったのでとても神秘的でした。

ゆなちゃんに手水のやりかたや神社での礼儀作法などを教わりながらお参りをした僕らは、鳥居の先を目指すことにしました。

f:id:ice524bass:20161025141958j:plain鳥居がいっぱい

 

f:id:ice524bass:20161025141934j:plain眺めがいい

f:id:ice524bass:20161026013211j:plainこんこん

 

…向かった先で何があったかはあえて言いません。

二つの写真だけを残しておきます。

 

f:id:ice524bass:20161026013550j:plain

f:id:ice524bass:20161026013324j:plain

なお、この写真を見て毎晩ファラオの夢を見るようになっても保障はしません。

僕は途中で気分が悪くなってきたのでこれはマジなやつかと思っていましたが、車に戻りゆっくり座っていると良くなりました。ご飯後に傾斜の急な坂を上り下りしたから気持ち悪くなっただけでした。お騒がせ。

そして、神社を後にする僕たち…

f:id:ice524bass:20161026015159j:plain

ありがとうござ…ん?

f:id:ice524bass:20161026015334j:plain

んん!?

f:id:ice524bass:20161026015430j:plain

んんんん!?!?

f:id:ice524bass:20161026015716j:plain

元乃隅稲成神社じゃねえじゃん!!!!!!

 

というわけで、元乃隅稲成神社にもお邪魔してきました。

もう風がすこぶる強いの何の、風神同士の合コンでもあってるのかってレベルでした。

f:id:ice524bass:20161026020711j:plain

えりちゃんが風を呼び起こしたり

f:id:ice524bass:20161026020813j:plain

吹いてきたな…私の…風…!!

という感じで佇んだり、

 

f:id:ice524bass:20161026020912j:plain

僕(一番手前)の頭に黒いオニヒトデが乗ったりしました。僕はヒトデを頭に乗せて喜ぶ性癖は持っていないので、海から飛んできたのでしょうか。もう、ヒトデが飛んでくるほど風がすごかったです。岩にぶつかり波も激しく吹き荒れているので、皆の紙は鞄に入れて小一時間たった後のイヤホンのようにギシギシに。ここは割と危険でしたし、さっさと帰ろうとしたとき、

f:id:ice524bass:20161026021438j:plain

あっ

f:id:ice524bass:20161026021436j:plain

f:id:ice524bass:20161026021827j:plain

f:id:ice524bass:20161026021829p:plain

この写真撮ってるときマジで笑いました。何やってんの。

 

さて、そんな茶番も終わり、車の中で(この旅行は日帰りなので)最後に鍾乳洞を見るかジャズバンドの演奏を見るかという多数決になりましたが、9:1という圧倒的な票差により鍾乳洞に決まりました。このサークルはジャズをやっているのですが、大丈夫でしょうか。

でも、せっかく旅行に来ているのですから、ここでしか見れないものを見なくてはもったいないということで満場一致しました!

字数がやばいので、ダイジェストでお見せします!

f:id:ice524bass:20161026022114j:plain

f:id:ice524bass:20161026022137j:plainf:id:ice524bass:20161026022355j:plain

f:id:ice524bass:20161026022146j:plain

最後に中ボスを務めていた前世のバムちんが写ってしまいました

 

鍾乳洞の中はひんやりしていて、閉館(閉洞?)間近だったためとても静かで、神秘的な雰囲気でした。そりゃあ中ボスも出るってもんですよね。

 

ということで、長く短い一日が終わりました!一度も寝ずに運転してくれたしょーたはん、ありがとう!また遊びましょうね!

ではまた、次の機会に~

作曲ってカレーじゃないですかね

  タイトルで訳の分からないことをぶちかましているとーずです。本当に申し訳ありません。

 

  いやいや、適当ぶっこいてるわけではありません。

  僕、昨日の夕食に久々にカレーを作ったんですよ。

f:id:ice524bass:20161017161630j:plain

  で、作ってる時にふと思ったんです。

  あれ...?これなんか似てるな...

  そうです。作曲の工程とカレー作りは似ているんです。

  カレーって、

①野菜を切る

②切った野菜や肉を炒める

③水を入れて煮込む

④具材に火が通ったらルーを入れてとろみが出るまでまた煮込む

というのが基本的な作り方だと思います。途中で途中でお母ちゃんお婆ちゃんの知恵が入る方は無視します。

  これ、似てると思いませんか?

  って言われてもわけわかんないですよね。解説していきます。

①野菜を切る

  ここが、曲作りにおける音作りの部分ですね。ギターはどんな音にするのか、ベースは固い音にするのか柔らかい音にするのか...いわゆる、「下処理」の部分ですね。何なら、どの野菜を使うかを選ぶ所も、どの楽器を使うか選ぶところに通じると思います。

②具材を炒める

  これは曲の骨組みを決めるところではないでしょうか。どういう構成にするか、どういう展開に、拍子はどうするのか、BPMはどうするのか...などなど。

③水を入れて煮込んでいく

  これは、火を通す作業、つまり食べられるようにする作業ですね。ということは、これは曲作りにおいて本格的な作曲作業になります。どの音を置くのか、どの楽器を絡ませるのか、などをじっくり考えて煮詰めていきます。

④火が通ったらルーを入れる

  ここは、大きな味付けの部分です。ここはアレンジの部分にあたります。アレンジとは言いますが、曲の修正という意味ではありません。修正する場合もありますが、それは微々たるものです。1番大きな作業は、ミックスです。

   曲は、作っただけの状態ではベストな状態では聴いていただくことは出来ません。なぜかというと、音がかぶってしまうからです。

 

  男性2人が喋ると二人ともなんと言っているか聞き取れないのに、女性と男性が喋ると大体は何を言っているか聞き取れた経験はありませんか?多分ないと思います。

  そんなこともあろうかと、身近な例があります。それは、「ノイズキャンセリング」機能がついているヘッドホン・イヤホンです。このノイズキャンセリング機能は、外で聞こえている音と全く逆の周波数を流し、外の音を聞こえなくするという仕組みなんです。身近かなこの例。

    詳しい話は省きますが、音は一つだけではなく色々な周波数を含んでいます。鳴らした音をそのままにしておくと、自動的にノイズキャンセリング機能が発動してしまうことがあるんです。これを回避し、さらに迫力を出したりボーカルを聴こえやすくしたり空気感を変えたりするのがミックスです。

 

  話が長くてすみません。

 

  要するに、カレーのルーがなきゃカレーにはならないように、ロックはロック、クラシックはクラシック、テクノはテクノに合ったミックスをしないと違和感が出てしまうということです。恐らく。

⑤トロトロになるまで煮込む

  これはマスタリングですね。全体の音量調整や、音圧をだす仕上げの作業です。こう、ちょちょいっとやるやつですね。

 

  いかがでしたか?僕が言っている意味がお分かりいただけたでしょうか?自分の書いた記事を読み、改めて言わせていただきますが、僕はよく考えるとカレーと曲作りは全然似ていないと思います。

 

ではまた次回お会い致しましょう。