読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

課題で小説を書いた話

お久しぶりです、昼夜逆転しているとーずです。

私、ゼミの課題で小説を執筆しました。供養的な意味も込めてここで発表したいと思います。

正直マジで駄作だと思うし、これを描くことで何がしたいのか何を伝えたいのかというものも一切ありません。ただ、「僕」が感じる・思うことは全部私のノンフィクションです。読んで哲学的インテリになった気分になって頂けると嬉しいです。

 

思考 - 思考 | 小説投稿サイトのアルファポリス

 

このためだけにこのサイトに登録しました

他人の曲をめちゃくちゃ真面目にレビューする

 こんばんは。身長が152cmしかないので小学生になめられるとーずです。

 今回は、土山時雨さんが今年11/14に投稿した曲「不自然なアクティビティ」について考察を垂れ流そうと思います。めちゃくちゃ深読みして書くので作曲者がなんとなくフィーリングで作った部分とかも意味を見つけようとしたりします。ご本人に見つかりましたが怒られませんでした。感謝。

 あと、曲の構成的に曲を聴いてからレビューを読むことをお勧めします。かっこいいので是非。

初音ミク 「不自然なアクティビティ」

www.nicovideo.jp

 

まず、この曲はリバーブのかかったとても綺麗なピアノから始まる。幻想的だ。曲のキーも暗くはなく、どことなく安定を感じる。

歌詞は「冷静に俯瞰 理論武装でさ 傷がないふり 傷がないふり」。

 ここの歌詞だが、何度聞いても僕にはどうしても「傷がないふり 気づかないふり」と聞こえる。もしかしたら発音はその通りで、歌詞はただのカモフラージュなのではないか、そう思える。そう考えると、「冷静に俯瞰 理論武装でさ」も、「冷静に俯瞰(しているつもり)」つまり、この曲の主人公(?)は、傷があるのにないふりをする、百歩譲って傷があるとしても気づかないふりをして、自分は大丈夫だと自分に言い聞かせることで冷静に俯瞰している”つもり”になっているのではないだろうか。ここの安定したサウンドは、まだ穏やかな主人公の精神状態を表しているのでは?

 この、主人公の”不安定さ”がこの曲の鍵になっている気がする。

 

 次の歌詞は、「持続的欠如 笑う輪廻 気づきたくない 気づきたくない 光」。

 持続的欠如を言い換えると、「常に足りない・欠けている」。これは自分の欠点か、もしくは退屈な日常か・・・そのあたりのことを表現しているのでは。また、そう考えると「笑う輪廻」は繰り返す失敗や退屈をあざ笑うかのように繰り返される毎日のことに見える。

 また、主人公は「気づきたくない」。ここも「傷がないふり 気づかないふり」だと確信した場所だ。

 

 さて、ここからだが、歪んだギター・ベース・ドラムが一斉に入ってきて暴れ散らす。テンポも何もない。ノイズとさえいえる。これが、「光」だと僕は思う。それも、ただ明るいだけではない光。何か主人公の精神を乱すような光だ。一瞬でノイズは消え、ドラムのハイハットがリズムを刻む。そして、またノイズが走る。この曲は、こうした情緒不安定な主人公の心情がサウンドに反映されているように思う。

 ちなみに、タイトルの「不自然なアクティビティ」だが、これは結局は違和感、異物のこと。これもノイズには意味として含まれているような気がする。不自然なアクティビティが検出された結果、拒絶反応としてノイズが走る・・・そういう構図。

 

 二番の歌詞(これ以降引用は割愛します)は、主人公の性格をより細かく描いている。主人公は逆の答え、皆と違う答えを言うことで自我・アイデンティティ・プライドが保たれる。つまり、皆と同じだと自分がわからなくなる=皆と同じ方向を向いていてもなお存在するはずの個性が、この主人公には存在しない。自分に自信がなく、個がない。だから自分を確立するために皆とは違う答えを求める。だが、そんなことで自分を見つけられるはずもない。自分を見つけるためのサーチライトはあまりに儚く、消えてしまいそうだ。

 そのあとは、同じようなことを繰り返すものに対しての辟易を「さびしいうた」で例えたものだと思われる。

 

 次はサビと思われる場所だ。ここは歌詞がかなり抽象的で解釈が難しいが、「忘れることすら忘れてしまった平凡人」は主人公のことではないか・・・?平凡を嫌うということは、自身が平凡であるということだ。そう考えると「平凡・退屈を嫌う主人公=平凡人」という構図ができる。

 

文字数が大変なことになりそうなのでこの辺にしておきます。ですが、僕が言ったポイントを知ってから見ると、二番以降もひとつの解釈に沿って、それなりに意味の通る歌詞やサウンドが見えてくるのではないでしょうか。

 

なお、これは私の独自解釈ですのであしからず。

ハイエースマスターしょーたに感謝する話

近所のスーパーで寿司を買ったら謎の戒めを喰らい、じゃあこれは美味しそうだからつまりまずいのかと思い食べると美味しかったのでいよいよ意味がわかりませんでした。どうも、とーずです。

f:id:ice524bass:20161025111415j:plain

一昨日はみんなでお金を出し合ってレンタカーを借り、ハイエースマスターしょーたくんの運転でサークルの仲間と山口県に行ってきました!

f:id:ice524bass:20161025124618j:plainハイエースマスター

 

いつも使っている部室棟に朝の8時半集合ということで、7時に起きて朝ごはんを食べ徒歩で向かった(家が近い)のですが、もう着いていたバムちん(たける)くんから「なんでお前が時間通り来てんの?」と言われました。僕は遅刻マスターで特技は単位を落とすことであり、返す言葉も無く悔しかったので、「遊びの時は時間通りに来るから」と言うと、「クズじゃん」と言われました。本当に返す言葉もないです。

f:id:ice524bass:20161025112757j:plainバムちん(おしゃれ)

 

ほかに待機していたえりちゃん(いつもに加えてテンション高い)、ゆなちゃん(僕より身長が10cm近く高い)、まさくん(僕より声が半オクターブ、身長が20cm近く高い)と喋りながら待っていると、ほかのメンバーを載せたハイエースが颯爽と登場しました。

   メンバーたち

ゆういちくん(自分ワールド全開)

 

f:id:ice524bass:20161025132155j:plain

 

ちあきちゃん(腐敗している)

 

f:id:ice524bass:20161025133434j:plain

 

とーさかくん(寡黙で毒舌、マックのコック)

 f:id:ice524bass:20161025132159j:plain

ゆみちゃん(エジプト神。精神年齢と霊力がとてつもなく高い)

 

f:id:ice524bass:20161025133259j:plain

 

まさくん

f:id:ice524bass:20161025134316j:plain別に登山してるわけではない

 

ゆなちゃん

f:id:ice524bass:20161025133556j:plain別に食いしん坊キャラではない

 

えりちゃん

f:id:ice524bass:20161025132204j:plain別に風系の能力者ではない

 

他にもわが道を行くウルフ山本や、最近入部した、ゆるふわ女子あやかちゃん、ゆめちゃんがいるのですが、お二人は行くことができませんでした・・・残念・・・

今度の機会には一緒に行きましょう!

 

さて、こんな個性豊かなメンバーで最初に行ったのは、山口の有名なお店、瓦そば「たかせ」。

www.kawarasoba.jp

 

みんなで瓦そばがたべたーい!と決めて行ったのですが、中に入ると民家のようなたたずまい。おばあちゃんの家に来た感覚に陥ってしまい、「親戚のおばあちゃんの家に来たみたい!」とアホほど言っていました。たぶんあのときの知能は2歳児と同じだったと思います。

みんなが席に着くと、頼むものを決めました。結局、皆通常の瓦そばを頼むことに。そして来たのが...

 

f:id:ice524bass:20161025135159j:plain二人前

すごくないですかこれ。本当に瓦に乗ってくるとは思いませんでした。

そして肝心のお味は・・・

f:id:ice524bass:20161025135716j:plain

んぎゃあああああああ!

 

f:id:ice524bass:20161025135721j:plain

あら^~~~~~~~~~~~~~~

 

と、しょーたくんが叫び、いつも元気なえりちゃんが何だかおしとやかになってしまうほど。

めちゃくちゃ美味しかったです。肝心の僕は、めちゃくちゃ美味しいのにバスの中で食べたお菓子のせいで入らないという事態に。なんだっそら!

この体形でもりもり食べるまさくんが1.3人前くらい食べてくれました。win-win

ちなみに、食べ終わった後はえりちゃんの「あ!ここめっちゃポケモンいるー!」の一言でポケモンGOが始まりました。平和。実際本当にすごくて、ポケモン8匹に囲まれたり、エレブーが大量発生したりしてました。

さて、ポケモンも終わり、お会計を済ませて外に出たら...

なんじゃこりゃああ

f:id:ice524bass:20161025140800j:plain(イメージ)

これはイメージ画像ですが、本当にこれくらい人はいました。僕たちはノータイムで座れたけど、あとちょっと遅れていたら...!と皆で言い、待ち時間なしで食べられた優越感を共有しながら行列を挑発していました。嘘です。

 

満腹になったところで、次に行こうと決めていた場所へ出発しました。

元乃隅稲成神社です。

f:id:ice524bass:20161025141652j:plain

このように大量に鳥居が並んでいる神社で、人気も無かったのでとても神秘的でした。

ゆなちゃんに手水のやりかたや神社での礼儀作法などを教わりながらお参りをした僕らは、鳥居の先を目指すことにしました。

f:id:ice524bass:20161025141958j:plain鳥居がいっぱい

 

f:id:ice524bass:20161025141934j:plain眺めがいい

f:id:ice524bass:20161026013211j:plainこんこん

 

…向かった先で何があったかはあえて言いません。

二つの写真だけを残しておきます。

 

f:id:ice524bass:20161026013550j:plain

f:id:ice524bass:20161026013324j:plain

なお、この写真を見て毎晩ファラオの夢を見るようになっても保障はしません。

僕は途中で気分が悪くなってきたのでこれはマジなやつかと思っていましたが、車に戻りゆっくり座っていると良くなりました。ご飯後に傾斜の急な坂を上り下りしたから気持ち悪くなっただけでした。お騒がせ。

そして、神社を後にする僕たち…

f:id:ice524bass:20161026015159j:plain

ありがとうござ…ん?

f:id:ice524bass:20161026015334j:plain

んん!?

f:id:ice524bass:20161026015430j:plain

んんんん!?!?

f:id:ice524bass:20161026015716j:plain

元乃隅稲成神社じゃねえじゃん!!!!!!

 

というわけで、元乃隅稲成神社にもお邪魔してきました。

もう風がすこぶる強いの何の、風神同士の合コンでもあってるのかってレベルでした。

f:id:ice524bass:20161026020711j:plain

えりちゃんが風を呼び起こしたり

f:id:ice524bass:20161026020813j:plain

吹いてきたな…私の…風…!!

という感じで佇んだり、

 

f:id:ice524bass:20161026020912j:plain

僕(一番手前)の頭に黒いオニヒトデが乗ったりしました。僕はヒトデを頭に乗せて喜ぶ性癖は持っていないので、海から飛んできたのでしょうか。もう、ヒトデが飛んでくるほど風がすごかったです。岩にぶつかり波も激しく吹き荒れているので、皆の紙は鞄に入れて小一時間たった後のイヤホンのようにギシギシに。ここは割と危険でしたし、さっさと帰ろうとしたとき、

f:id:ice524bass:20161026021438j:plain

あっ

f:id:ice524bass:20161026021436j:plain

f:id:ice524bass:20161026021827j:plain

f:id:ice524bass:20161026021829p:plain

この写真撮ってるときマジで笑いました。何やってんの。

 

さて、そんな茶番も終わり、車の中で(この旅行は日帰りなので)最後に鍾乳洞を見るかジャズバンドの演奏を見るかという多数決になりましたが、9:1という圧倒的な票差により鍾乳洞に決まりました。このサークルはジャズをやっているのですが、大丈夫でしょうか。

でも、せっかく旅行に来ているのですから、ここでしか見れないものを見なくてはもったいないということで満場一致しました!

字数がやばいので、ダイジェストでお見せします!

f:id:ice524bass:20161026022114j:plain

f:id:ice524bass:20161026022137j:plainf:id:ice524bass:20161026022355j:plain

f:id:ice524bass:20161026022146j:plain

最後に中ボスを務めていた前世のバムちんが写ってしまいました

 

鍾乳洞の中はひんやりしていて、閉館(閉洞?)間近だったためとても静かで、神秘的な雰囲気でした。そりゃあ中ボスも出るってもんですよね。

 

ということで、長く短い一日が終わりました!一度も寝ずに運転してくれたしょーたはん、ありがとう!また遊びましょうね!

ではまた、次の機会に~

作曲ってカレーじゃないですかね

  タイトルで訳の分からないことをぶちかましているとーずです。本当に申し訳ありません。

 

  いやいや、適当ぶっこいてるわけではありません。

  僕、昨日の夕食に久々にカレーを作ったんですよ。

f:id:ice524bass:20161017161630j:plain

  で、作ってる時にふと思ったんです。

  あれ...?これなんか似てるな...

  そうです。作曲の工程とカレー作りは似ているんです。

  カレーって、

①野菜を切る

②切った野菜や肉を炒める

③水を入れて煮込む

④具材に火が通ったらルーを入れてとろみが出るまでまた煮込む

というのが基本的な作り方だと思います。途中で途中でお母ちゃんお婆ちゃんの知恵が入る方は無視します。

  これ、似てると思いませんか?

  って言われてもわけわかんないですよね。解説していきます。

①野菜を切る

  ここが、曲作りにおける音作りの部分ですね。ギターはどんな音にするのか、ベースは固い音にするのか柔らかい音にするのか...いわゆる、「下処理」の部分ですね。何なら、どの野菜を使うかを選ぶ所も、どの楽器を使うか選ぶところに通じると思います。

②具材を炒める

  これは曲の骨組みを決めるところではないでしょうか。どういう構成にするか、どういう展開に、拍子はどうするのか、BPMはどうするのか...などなど。

③水を入れて煮込んでいく

  これは、火を通す作業、つまり食べられるようにする作業ですね。ということは、これは曲作りにおいて本格的な作曲作業になります。どの音を置くのか、どの楽器を絡ませるのか、などをじっくり考えて煮詰めていきます。

④火が通ったらルーを入れる

  ここは、大きな味付けの部分です。ここはアレンジの部分にあたります。アレンジとは言いますが、曲の修正という意味ではありません。修正する場合もありますが、それは微々たるものです。1番大きな作業は、ミックスです。

   曲は、作っただけの状態ではベストな状態では聴いていただくことは出来ません。なぜかというと、音がかぶってしまうからです。

 

  男性2人が喋ると二人ともなんと言っているか聞き取れないのに、女性と男性が喋ると大体は何を言っているか聞き取れた経験はありませんか?多分ないと思います。

  そんなこともあろうかと、身近な例があります。それは、「ノイズキャンセリング」機能がついているヘッドホン・イヤホンです。このノイズキャンセリング機能は、外で聞こえている音と全く逆の周波数を流し、外の音を聞こえなくするという仕組みなんです。身近かなこの例。

    詳しい話は省きますが、音は一つだけではなく色々な周波数を含んでいます。鳴らした音をそのままにしておくと、自動的にノイズキャンセリング機能が発動してしまうことがあるんです。これを回避し、さらに迫力を出したりボーカルを聴こえやすくしたり空気感を変えたりするのがミックスです。

 

  話が長くてすみません。

 

  要するに、カレーのルーがなきゃカレーにはならないように、ロックはロック、クラシックはクラシック、テクノはテクノに合ったミックスをしないと違和感が出てしまうということです。恐らく。

⑤トロトロになるまで煮込む

  これはマスタリングですね。全体の音量調整や、音圧をだす仕上げの作業です。こう、ちょちょいっとやるやつですね。

 

  いかがでしたか?僕が言っている意味がお分かりいただけたでしょうか?自分の書いた記事を読み、改めて言わせていただきますが、僕はよく考えるとカレーと曲作りは全然似ていないと思います。

 

ではまた次回お会い致しましょう。

マウス戦士は日々戦っているのです

どうも、とーずです。

今日は僕の作っている動画の話をしようと思います。

ニコニコ動画でボカロのオリジナルPVというと、大抵は絵師様がいらっしゃったり、動画師様がいらっしゃったり、はたまたMIX・マスタリング師様やエンコード師様までいらっしゃる場合も...

ですが私の動画、どうでしょう。

歌・IA

曲・とーず

詞・とーず

動画・とーず

絵・とーず

ミックス・とーず

マスタリング・とーず

エンコード・とーず

いかがでしょうかこのとーず一色。きもい。IAちゃんが可哀想。ホンイツかよ。

ホンイツ:麻雀において、字牌と一種類のマークの牌だけでアガる形。字牌とは何なのかはGoogle先生にでも聞いてみてください。

もうね、毎回チマチマですよ。

僕はペンタブを持ってないので、ペイントツールとマウスのみで絵を書き歌詞を書き、保存したJPEGファイルを貼り付け....ってもうチマチマチマチマやってます。肩がこります。助けて。

ちょっと話は逸れますが、僕は動画を作るのに一切お金をかけていません。無料のDAWと無料の動画編集ソフトをダウンロードして、あとはペイントとマウスで動画1本仕上げています。意外とできるもんですねぇ。

でもそろそろ今使っているソフト、Studio Oneの製品版を購入しようかなと思ってます!!機能がめちゃくちゃ良くなるんですよ!!今までできなかったあんなことやこんなことも!

そしたらもうちょっと見応えのある動画(もとい曲)も作れるようになる(とでも思わなきゃやってられない)!

僕は4月に初投稿をしたのですが、それから今までの半年間、頑張って画力と編集力をあげてもっと沢山の方に見ていただきたいなぁと悩んでおります。

神頼みだけじゃなくて力量をあげる努力はしてますよ!してますからね!

あと、誰かアニメーションの作り方を教えてください!!!絵をぬるぬる動かしたいです!!お願いします!!なんでもしますから!!

「ユウレカ」の話

どうも、とーずと申します。

ボカロPやってます。


10/12、新曲「ユウレカ」を投稿致しました。

http://nico.ms/sm29819528


  あの、この新曲のユウレカなんですけど、本当はハロウィン当日か前日に投稿したかったんですよね。

  ハロウィン曲だし、みんな浮かれてるハロウィンだし、みんなパァになってるから俺の曲の再生数カウンターも回してくれるだろとか思ってたんですよ。



我慢できませんでした。



  いやー、なんというか...なんでしょう、僕、昔からやったことはすぐに反応がほしいタイプで、小学生の時も親や友達に「見て見て」を連呼するうざい子だったんですよ。

  そんなうざい子も一応色々考えて作ってるので、よかったらちょっと曲の話を聞いていってください。


  この曲のBメロのジャズ部分ですが、これ2番も同じようにやるかどうか迷ったんです。

1回出て、後でもう一回登場することでそこの部分に説得力を持たせようとしたんですけど...ちょっと待てと。

  相手はハロウィンです。

  見ず知らずのご近所さんに「Trick or Treat!」(意訳:お菓子くれなきゃいたずらするぞ!)という脅迫まがいの一声でお菓子をねだるような極悪イベントですよ。

  説得力とかなんだとか、そんな普通のこと言ってて何がハロウィン曲ですか。わけわかんなくてこそのハロウィンでしょう。

  ということで、ジャズ部分は1度きり、歌詞も何を言ってるのかよくわからない雰囲気だけの言葉を並べてハチャメチャで掴みどころのない変幻自在な曲に仕上げてみました。




というのは嘘です。すみません。気ままに好きなように作ってたらこうなりました。

これからも気ままに作ります。

よろしければ応援宜しくお願いします。


追伸:ジャズパートこんな短いのに「VOCAJAZZ」タグをつけてくださった方、ありがとうございます。

挨拶という名の宣伝

ブログを初めてみました。

いろいろ書き連ねます。

宜しくお願いします。


タイトルにもありましたとおり、

宣伝させていただきます。僕は

普段ボカロPとして活動していますので

作った曲をお聴き頂けると幸いです。


新曲http://nico.ms/sm29819528