245という自分の曲の話

こんにちは。絶賛頭痛が止まらないとーずです。

突然ですが、みなさん、私のこの曲を聴いたことがありますか?

【オリジナル】 245 【IA】 (3:48)

http://nico.ms/sm29161861

‪この曲について、「ハチを意識してるのか?」ってコメントがあって面白かったので記事を書いてみました。確かに、オレンジの背景にこのPV形式は嫌でもマトリョシカを思い起こしますよね。これはもちろん故意です。‬

この曲のテーマは、「リスナーとクリエイターの意識のズレ」となっています。

ハチさんを例にあげて話をしてみましょう。

彼は、そう多作ではありませんでしたが、一定の人気を博していました。PVや歌詞にある独特の世界観、また独創的なメロディやトラックがウケたんですね。

そんな中、ハチさんは「たまにはこんなものを」ということで、特に意味の無い(あるかもしれませんが、少なくとも今までの曲よりは遥かに無意味に思える)歌詞で、サウンドも彼にしてはものすごくわかりやすい、本人曰く「馬鹿っぽくてどんちゃんした」曲「マトリョシカ」を出します。すると、今までのリスナーだけではなく、新規リスナーの耳も捕らえ、大人気の伝説入り曲となりました。

ハチさん本人は何も仰ってませんが、人気になった直後、嬉しいと同時に「やっぱりお前らこんなのが好きなんだな」と思ったのではないでしょうか。

ここで、僕の曲に話を戻してみましょう。

この曲には皮肉が沢山入っています。それは歌詞だけでなく、(自分で言うのもどうかと思いますが)そもそもこの鮮烈で刺激的な曲調、目まぐるしい変拍子、慌ただしいテンポ、というサウンドそのものが皮肉となっています。

これは、曲を作った当時のボーカロイドランキング入り曲の特徴を踏襲したり、歌詞が気にならないほど刺激の強いサウンドを選んだ、というものです。結局お前らこんなん好きだろ、というわけですね。(結果はご覧の通りですが)

ちなみに変拍子は趣味です。

こういうことを作者自身から言うのもどうなんだろうという感じですが、この曲はかなり思い入れがあり、この機会ですし話してみました。

PVの随所にもそういった要素を散りばめていますので、ご覧頂けると嬉しく思います。もちろん、頭空っぽで何も考えず聴いてくれても嬉しいですよ。

あまり関係はないですが、テーマが酷似している曲を見つけましたので参考までに貼っておきます。人気実力共に僕とは比べ物になりませんね。是非視聴してみてください。

鬱Pー食事

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26875129