くらげのヤバ生活

話が長いです。不定期・亀更新です。

なっがいなっがい米津玄師の全アルバムレビュー

米津玄師の全アルバムレビューをしていきます。長いです。

 

f:id:ice524bass:20180523124648j:plain

 

diorama

(代表曲:ゴーゴー幽霊船)

 

米津玄師の狂気、中身、精神が全て出ているアルバム。このアルバムは正直リスナー厳選のような一面があるが、これに一度ハマるともう終わり。常に米津を欲し、米津曲を聴いていないと不安に陥る症状が出てくる。マジです。

 

ハチ時代を知る者や、前衛的な表現を好む人に好まれていることが多い。…と書くと変な曲やアップテンポの曲ばかりなのか、と思うが、乾涸びたバスひとつトイパトリオットなど、意外にも現在に通じる明るい曲やスローテンポの曲も多い(ハチをちょっと追いかけていた人なら分かると思う)。ただ、その明るい曲も歌詞が不穏だったりして面白い。個人的には恋と病熱心像放映が今でも光る屈指の名曲だと思う。

 

現在では見られない露骨な不協和音露骨な変拍子(といっても一般の人が聴くと自然に感じる)、奇々怪々なメロディラインなど、前衛的な表現が大量にあるのに全曲キャッチーで中毒性が高いため、リリース当時、彼の頭の中を疑ったファンは多いのでは。僕がそうです。

 

リード曲となっているゴーゴー幽霊船だが、マジで頭がおかしい。その声のサンプリングみたいなものはなんなんだ。幽霊か、幽霊なのか

リスナーに向かってなんだその右耳のギターは。

 

抄本もおかしい。耳コピした限りではギターが6本入っているし、声の挿入意図が謎すぎる。あとバンドサウンドなのに1分50秒イントロなのは凄い。てっきり初めはインスト曲だと思っていた。

こんな風に、このアルバムに関しては気になったことに言及していると全曲に触れることになってしまいキリがない。わけがわからないのにキャッチーな音楽に触れたい方は是非触れて見てくれ。このアルバム、全曲宅録というのがびっくりだわ。

 

このアルバムのコンセプト曲は…おそらく、多分、きっと、Black Sheepである。

彼はハチ時代から見ても、「例え全く意味の分からない歌詞でも、何の意味もない歌詞は書かない」という特徴がある。だが、彼の初期の曲は解釈が非常に難しいので黒い羊が何を表しているのか、歌詞が何を指しているのかを読み取ることはできない。

ただ、「ここは誰かのジオラマなのだ」という歌詞がある、アルバムと同じ単語が使われているということは、この曲に大事な意味が込められていることは間違いない。…と思う。というかジオラマってこのアルバムのことでは?

Black Sheep、全体的には米津玄師本人のことや周りの環境のことを描いた曲なのではないかと思っているが、実際のところは分からない。

 

f:id:ice524bass:20180523124710j:plain

 

YANKEE

(代表曲:アイネクライネ)

 

名盤。ハチとしてのやりたい放題な米津玄師と、メジャーアーティストとしてのリスナーに寄り添う米津玄師の黄金比がここにある。

 

アイネクライネしか知らない(最近はLemonもか)人は多いと思うが、そういう人でもアルバム単位で好きになれるし、ハチ時代から追いかけている人でもアルバム単位で好きになれるのがこのYANKEEというアルバムだと思う。

メランコリーキッチンサンタマリア花に嵐海と山椒魚など個人的には名曲揃いのアルバム。クレイジー方面でもMAD HEAD LOVE百鬼夜行が強すぎる。

 

収録曲にとにかく多様性がある。

 

テンポ、曲調、使う楽器、アプローチ、歌詞、本当に多様性がある。多様性がありながらアルバムとしてまとまっていて、一曲一曲の破壊力も高い。本当に名盤だと思う。

 

個人的にはKARMA CITYが心底狂っていると思った。何か元ネタやインスピレーション元はあるのかもしれないが、2つのメロディが同時に存在するAメロ、統合されて広がるBメロ(サビ)に度肝を抜かれる。こんな音楽は彼でしか聴けない、と僕は思った。

 

f:id:ice524bass:20180523124736j:plain

 

 Bremen

(代表曲:アンビリーバーズ/Flowerwall)

 

米津玄師が遠くへ行きたい時期のピーク。

Bremenというタイトルもそれを物語っている。ブレーメンの音楽隊になぞらえて、今いる場所より良い場所への逃避行を続ける彼自身を表しているのかもしれない。

 

正直に言うと、全体的に"薄いな"というのが僕の第一印象だった。ネットのレビューを見てみたが、やはり他にも同じように感じる人はいるらしい。確かに、YANKEEまでの彼の曲と比べると、一曲一曲のパンチは弱い。だが今では、俗に言う"スルメ曲"ばかりが集まった結果だと僕は思っている。

 

なぜ"薄いな"と感じたのか。

 

それは、彼自身が意識的に"普遍的"、"普通"、つまり"ポップス"に寄って行ったからだ。

 

初期アルバムのような変拍子は無い、不協和音もほとんど無い、音の使い方やメロディラインも、彼独特ではあっても「!?」となるような一発での味の濃さはない。

また、ハチ時代に作っていたあからさまなマイナーコードやアップテンポの曲がほとんどないというのも"薄い"と感じる原因だと思う。

だが、箸にも棒にもかからないアルバムというには早計すぎる。

 

曲をよく聴くと、実はそんなに特徴が無いわけではない。確かに初期に比べて毒はかなり抜かれているが、彼でしか見ることができないような歌詞の言葉選びや独特のメロディラインなどは、少し言葉や音を穏やかにしながらも垣間見える。また、一番大きな特徴は、今までの彼の曲より「米津玄師本人の感情」が非常に色濃く表れているように思える点である。

さらに、応援したり鼓舞したり励ましたり、そういった正の方向への歌詞がとても多くなっている。いや、このアルバムは全曲そうである。これは今までのアルバムにはなかった特徴だ。

それが物足りない、という方は一定数いると思う。僕もその一人だった。でも、何度か歌詞を理解しつつ聴き続けると、ポップで耳当たりの良い音や言葉に隠された米津玄師の怒りや葛藤が段々見えてくる。

ホープランドを例に挙げると、以前行ったライブのMCで本人が「この曲を書いた原動力は"怒り"」と語っていた。

 

こう聞くと、Bremenの収録曲たちに興味が湧いてこないだろうか?

 

このアルバムのコンセプト曲は確実にウィルオウィスプだと思う。この曲の歌詞内で、ブレーメンの音楽隊に例えられた"彼ら"は「僕らは行くよ 声を上げて 振り向かないよ」と言っている。これは明らかに決意の言葉である。

 

この時期に発売された雑誌(ROCKIN'ON JAPAN)の本人インタビューでは「今までやってきた自分のための音楽はやめて、人のために、普遍的で美しいものを作りたいと思うようになった」という旨を語っている。

 

彼はこの時、ハチという自分と、そんな自分が作る曲から脱却したかったのかもしれない。まさに、ハチからの"逃避行"である。

 

f:id:ice524bass:20180523124805j:plain

 

BOOTLEG

(代表曲:LOSER/打上花火/灰色と青)

 

海賊版、とタイトルが付けられたこのアルバム。

収録されているMoonlightという曲の歌詞でこのアルバムのコンセプトが大体まとめられている。

この曲には「本物なんてひとつもない でも心地いい」「偽物なんだってだからどうした?本物なんてひとつもない」という歌詞がある。

 

現在我々が聴いている音楽は、全て過去の音楽の焼き直し/再解釈だと言っても過言ではない。

 

でも、音楽を聴いている我々は"そのアーティストのフィルターを通した再解釈"が見たいのだ。その本質を分かっていない人間は、しばしば似た曲を持ち出して「盗作だ」と騒ぎ出す節がある。もしかするとこの曲を作るにあたって、彼がそう言われた経験があったのかもしれない。

YouTubeで公開されている春雷のMVも、挿入される解像度の低い映像や、時代を感じるベースの音(詳しくないので下手なことは言わない)に意図的なものを感じるのは僕だけだろうか。

 

ちなみに、このアルバムには主題歌やコラボ曲が多く収録されており、"米津玄師の活躍"を見ることができる。引きこもり(自称)だった彼は、確実に変化・進化している。人との関わりを拒絶してきた米津玄師が心を開いてきているのだ。(本人も証言済み)

 

先ほども言及したMoonlightには「「自分の思うように あるがままでいなさい」 ありがとう でもお腹いっぱい」という歌詞がある。

彼は今、これまでやってきたような自分の100%やりたい音楽、自分一人で完結する音楽はもういいや、と思っていそうだ。

 

さて、このBOOTLEG、サウンドはもちろん歌詞が飛躍的に味わい深くなった印象。今までは中身に何かヤバイものが隠されている濃い味の異国料理という印象だったが、このアルバムでは繊細で複雑、噛むたびに味や食感の違う日本料理という印象になっている。

また細かい話をすると、このアルバム、音圧が高い。DAWに突っ込んで波形も見てみたが、いわゆる海苔波形の一歩手前だ。これはエンジニアの個性なのか、コンセプトがあってのことなのか…流石にそこまではわかりかねるが…

もしかすると、味の薄い和食でも若者が食べやすいよう、パンチのある味を加えるために音圧を上げているのかもしれない。

 

前作Bremenで聴くのをやめた人、是非このアルバムで戻ってきて欲しい。

 

そして初期米津じゃないとキライ!という方は、爱丽丝 という曲を聴いて欲しい。彼は初期のような曲を"作れなくなった"のではなく、"作らなくなった"ことがお分かりいただけると思う。ただ、この爱丽丝 という曲も単なる過去の米津玄師の焼き直し、懐古というわけではない。ギター/アレンジにKing Gnuの常田大希、ベースに八十八ヶ所巡礼のマーガレット廣井を迎え、米津玄師一人では聴けなかった新しいサウンドになっている。新ステージに入り込んだ米津玄師、良いぞ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あとがき

 

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?つらつらと長文をすみません。

 

これを機に、ハチは好きだったけど米津玄師は嫌いな人ハチも米津玄師もどちらも嫌いな人が、米津玄師に抱いている(偏見)

「メジャーに移った癖にマジミラでボカロ界に帰ってきたと思ったらイキってニコニコをディスったイタいやつ」

というイメージが払拭されれば良いと思います。マジで。

 

ハチは嫌いだったけど米津玄師は好きな人、どちらも好きな人そもそもハチ=米津玄師を知らなかった人アイネクライネしか聴いたことない人も、これを機に米津玄師に興味を持ってくれると僕が嬉しいです。一緒に米津を語ろう。カラオケで米津を歌おう。

 

アイネクライネしか知らない、ピースサインしか知らない、LOSERだけしか聴いてない、結構じゃないか。他にも良い曲あるから聴いてみようぜ。

 

ということで勢い付いて僕もイキッたところでお別れです。また何かの記事でお会いしましょう。

 

では。